車の種類のなかに軽自動車がありますが、その軽自動車についての特徴を説明したり内容を記載しています。

車好きでもない人が選んで正解の車種ガイド
車好きでもない人が選んで正解の車種ガイド

車の軽自動車の特徴について

車の種類の中には色んな車種が存在しますが、その中で小さい車の代表として軽自動車という車があります。この軽自動車ですが、排気量が600cc以下の三輪自動車と4輪自動車との種類があります。因みにバイクで小さいものは軽自動車ではなく軽二輪と呼ばれています。この軽自動車ですが、小さいことが特徴のためその小ささを生かした車と言えます。小さいため、狭い道やせまい場所にもとめることができます。また小回りがとてもきくので狭い道での切り返しやせまい場所の駐停車もしやすいという特徴があります。軽自動車の大きな特徴はこのように小ささを生かした小回りある運転のしやすさといえると思います。

ですが、小さいがゆえに色んな目んで不便と感じるところもあるかもしれません。軽自動車は車体の重さもちても軽いため、高速道路などを走行するさいは、周りに大きな車が走り抜けたりすると風の抵抗をもろにうけるので、車体があおられやすいという特徴があります。そのため、しっかりとハンドルをもって運転していないと、ハンドルがとられてしまうという事があります。また、急な坂道や上り坂などは、馬力が小さいためなかなか登らないという点もあります。軽自動車の特徴である小ささがゆえの車体の軽さは、このような点も考えられます。また、雪道を走行するさいなどは軽さゆえに滑りやすいという点もあるため、しっかりスタットレスタイヤを装着するなどして対策が必要になります。

お薦めサイト