車の中でビックサイズといわれる大きな車が存在します。そんなビックサイズの車について書いています。

車好きでもない人が選んで正解の車種ガイド
車好きでもない人が選んで正解の車種ガイド

車の中のビックサイズの4輪駆動について

車のボディータイプの中には、ワゴンや軽自動車という他にビックタイプの四輪駆動という車も存在しています。この車は軽自動車と比べると全てが大きな作りになっているのが特徴です。軽自動車は600cc以下の排気量に対して、ビックタイプの四輪駆動は4000ccもある車種も存在しています。大きさゆえにエンジンも大きく、バッテリーなども2個乗せている車がほとんどです。また車体がとても思いのも特徴になります。その為、車体の大きさゆえに小回りのきく動きは苦手になります。小さい道でも運転は難しく、小回りもなかなか難しいです。その為、走る道の幅などはしっかり把握して走行する必要があります。

ただ、ビックサイズの四輪駆動はその車体の重さとエンジンの強さによって、走行いは軽自動車と比にならないほどの安定性があると言えます。エンジンが大きいので、ちょっとした坂道や上り坂といった場所や、悪路といえるよな道もパワーで押し切ることができるほどの迫力があります。また、四輪駆動だからこその強さも兼ね備えていると言えます。その為、雪が降った場合でもノーマルタイプのタイヤの場合でも、運転に気をつけて四輪駆動での走行を行えば、ある程度走行が可能と言えます。車体も重いため滑りにくいという特徴もあります。ですが、車体が重いので滑りにくいですが一度滑ると止まらないという点もあるため、安全を考慮して雪道の走行をする場合は、しっかり冬用タイヤのスタットレスタイヤを装着することが大切です。