車の形状タイプにはコンパクトカーというタイプがあります。このコンパクトカーの特徴について書いています。

車好きでもない人が選んで正解の車種ガイド
車好きでもない人が選んで正解の車種ガイド

車の形状タイプのコンパクトカーについて

車の形状タイプの中には色々存在しますが、人気のおおい形状タイプの一つとしてコンパクトカーというタイプがあります。形状タイプとしてコンパクトカーというのはよく聞かれるようになりましたが、このコンパクトカーについては厳密な形状タイプとしての定義がないのが事実です。ですが、ハッチバックというもののタイプをこのコンパクトカーとよく呼ぶようになっているようです。大体コンパクトカーとはどれくらいの車かというと、排気量1500CC以下くらいになります。また、旋回する小回りの感じが半径5メートル程度と思っていたらければ一番コンパクトカーの想像がつくかもしれません。コンパクトカーの車種としてトヨタのヴィッツはコンパクトカーの形状タイプに入ると思います。

このコンパクトカーですが、軽自動車よりも荷物が載せることができある程度の小回りも聞くため、最近人気のある車の形状タイプといっても過言ではないと思います。また、車を持ち続けるための維持費や車体自体の価格自体がお手頃ということもあり、初めて車を購入する人にはお勧めかもしれません。また、そういったことが魅力といえますが、逆に高級車というイメージは付きにくいと言えます。普通の車と言う程度なので、長距離の走行はなかなか厳しいかもしれません。平均的に1リットルのガソリンにたしいて16キロほどが走行可能ですが、ガソリンタンクの容量自体が少なめなので、長距離の旅行を計画する際はこまめにガソリンの給油所をしっかり確認した走行が必要といえます。

お薦めサイト